最近ネットの広告などで、
「化粧品では効果がない!医薬部外品を使わないと!」と謳っているものが多いですね。

一般的なスキンケアには、薬機法によって医薬品・医薬部外品・化粧品の3つのどれかに分類されます。

そして、医薬品・医薬部外品・化粧品には、明確な違いがあり、効果・効能の範囲が異なります。
もともと規約として定められている範囲が違うので、この3つの違いを紹介します。
 

知っておくと、スキンケア選びにも使えますよ!

医薬品と医薬部外品や化粧品の違いは?

薬機法により、効果・効能の範囲が違います。

元BA
ともみ
薬機法は略語で、正式名称を「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」と言います。

 

医薬品治療を目的とした薬。

医薬部外品:厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が一定の濃度で配合されているもの。

化粧品:医薬部外品と比較しても、さらに効能・効果が緩和なもの。

イメージ図

 
具体的に、どういう決まりがあるのか紹介します。

医薬品とは

病気の治療を目的にとした薬のことを指します。
厚生労働省により、有効成分の効果が認められた成分が配合されたものです。

人体に影響があることから、医師・薬剤師・登録販売者のみ販売することが可能です。

例えばドラッグストアで置いている、
・高濃度の尿素
・ヘパリン類似物質を保湿の有効成分として含む外用剤
・白色ワセリン

などが、スキンケアに用いられる皮膚用の医薬品です。

 

一 日本薬局方に収められている物
二 人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であつて、機械器具等(機械器具、歯科材料、医療用品、衛生用品並びにプログラム(電子計算機に対する指令であつて、一の結果を得ることができるように組み合わされたものをいう。以下同じ。)及びこれを記録した記録媒体をいう。以下同じ。)でないもの(医薬部外品及び再生医療等製品を除く。)
三 人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であつて、機械器具等でないもの(医薬部外品、化粧品及び再生医療等製品を除く。)

 

効果・効能が認められている半面、副作用もあるので必ず、専門家から購入しましょう。
その時に、注意点も案内されます。

医薬部外品とは

医薬品に比べ、効果が緩和なもの。
治療ではなく、防止・衛生を目的に作られています。

厚生労働省が許可している有効成分が、高濃度で配合されています。

薬用と記載のある製品は、医薬部外品と認められている表示です。

  • 肌荒れ・荒れ性
  • にきびを防ぐ
  • 日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ
  • 皮膚の殺菌

など、効果のある有効成分が配合されているので、その効果を訴求できます。

元BA
ともみ
医薬部外品の化粧品は、例えば…
シワを改善するクリーム・美白化粧品・エイジングケア商品など。

2 この法律で「医薬部外品」とは、次に掲げる物であつて人体に対する作用が緩和なものをいう。
一 次のイからハまでに掲げる目的のために使用される物(これらの使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であつて機械器具等でないもの
イ 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
ロ あせも、ただれ等の防止
ハ 脱毛の防止、育毛又は除毛
二 人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみその他これらに類する生物の防除の目的のために使用される物(この使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であつて機械器具等でないもの
三 前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物(前二号に掲げる物を除く。)のうち、厚生労働大臣が指定するもの

 
化粧品よりも効果的で、医薬品よりもリスクは少ないものです。

化粧品とは

医薬部外品と比較しても、さらに効果・効能が緩和なもの。

化粧品の定義は、

  • 清潔にする
  • 美化する
  • 魅力を増す
  • 健やかに保つ

これらの目的で使用されます。

基本的に、現状維持に近いものメイク品を指します。

効果・効能をパッケージやPOPなどで訴求することは、できません。

3 この法律で「化粧品」とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌ぼうを変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、第一項第二号又は第三号に規定する用途に使用されることも併せて目的とされている物及び医薬部外品を除く。

 

まとめ

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

これらには、明確な違いがあります。

効果・効能の効き目は、

化粧品➡医薬部外品➡医薬品

の順に強くなります。

化粧品よりも、医薬部外品
医薬部外品よりも、医薬品

の方が、効果・効能が保証されています。

医薬品と医薬部外品には、必ず明記されています。
なので、確認してみましょう。
 

あなたの欲しい効果・効能に合わせて選ぶことが、大切です!

おすすめの記事