油性マジックがシャワーで落ちるTV CMを見たことがある人は多いはず。

私は、衝撃的だったので、印象に残っているんです。

ミラバスと言えば、毛穴の奥まで汚れがごっそり落ちるバスアイテム。
浴室の内蔵型と、シャワーヘッドが有名ですね。

今回、そのミラバスから、ポータブルタイプが出ました。
いわゆる外付けタイプですね。

どんなメリットがあるのか、デメリットは何なのか?
ひとつひとつ確認していきましょう。

どこでもミラバス ポータブルタイプはどんなもの??

ポータブルの意味は、持ち運べる大きさ・重さのこと。また、そのもののことです。

その名の通り、持ち運べるミラバスです。
つまり、外付けタイプです。

マイクロバブルが隅々まで汚れを落とす

1CCに約12,000個の水と空気でできた超微細な泡が、お肌のすみずみまでの汚れや毛穴の奥の老廃物などを吸着して取り除くほか、気になるニオイの元もかき出して洗い流します

マイクロバブルの大きさは100μm未満~1μm。
なので、するっと毛穴の奥まで入り込みます。

マイクロバブルの汚れ落ちテスト

身体をゴシゴシこすらなくても、ただお湯に身をゆだねているだけで、ミクロの泡がお肌の汚れを取り除き、健康的でツヤのある美肌にしてくれます

血行促進が期待できる

身体中の毛穴に入り込んだ超微細な気泡が弾ける時に、ほどよい刺激を与えてくれるので身体の芯から温まり、お風呂上りに湯冷めしにくく、毎日温泉に入ったような気分が味わえます。

深部体温が上がるので、下がる時にぐっすり眠れます。

ホースも取り外せるので持ち運びも簡単

本体に接続されている2つのホースは、付属の工具を使用すれば取り外しが可能です。

ホースを外すことで、持ち運びも楽になります。

どこでもミラバスが、どんなものなのか分かったところで、メリットとデメリットをチェックしていきましょう。

どこでもミラバス ポータブルタイプのメリット

  1. 外付けなので、工事の必要がない
  2. 賃貸住宅でも使える
  3. 工事のできない古いタイプのお風呂でも使える
  4. 浴槽に穴を開けないので、劣化も防げる
  5. 引っ越ししても使える
  6. ミラバスの最大の効果マイクロバブルは十分楽しめる
  7. お手入れも簡単

 

メリットが多いですね!
一つずつ確認していきましょう♪

外付けなので、工事の必要がない

最大の特徴で、メリットです。

本来のミラバスは、内蔵型のため工事が必要です。
購入したから、すぐに使えるわけではありません。
日程を調整して、きちんと業者に工事をしてもらう必要があります。

また、取り付けの時に浴槽に穴を開ける必要があります。吸込み口と吐出口の2ヶ所
そのため、賃貸物件には使えません。勝手に穴を開けられないからです。

もし、穴を開けた場合は引っ越しの時に、元に戻す必要があります。
なので、余計に費用がかかります。そのため、諦める方が多いですよね。

浴槽に穴を開けるので、その当時は良いのですが、長期的にみると水漏れなどの劣化に繋がります。
基本的に浴槽は穴を開けるように作られていないからです。

こう見ると、従来の内蔵型のミラバスには、リスクがありますね。


また、お風呂の構造的に工事の出来ないタイプの浴槽もあります。

古いタイプのお風呂だったり、岩風呂や檜風呂など特殊なタイプの浴槽の家庭もそうです。

なので、そもそもミラバスを取り付けたいと思っても、条件的に不可能な家庭って案外多いんです。

その解消をするのが、どこでもミラバス ポータブルタイプです。

引っ越ししても、使える

賃貸物件に住んでいる方には、転勤族の方も多いでしょう。
仕事の関係で引っ越しが必要な異動もあるからです。
外付けタイプのどこでもミラバスなら、引っ越し先でも今までと同じように使うことが出来ます

また、1台持っていれば帰省のときでも使えます
ご両親がご健在であれば、持っていくと喜ばれると思います。

ミラバスは、マイクロバブルの微細な泡が特徴。
身体を洗わなくても、入浴するだけで毛穴の奥まで洗浄できるので、体力的にしんどくなっているシニアの方々には嬉しいアイテムですよね。

お風呂は、湿度も高く気温も高いため、部屋で動くよりも体力を使います。
私の祖母も、お風呂で身体を洗うのが大変だと、よく言っていました。
洗って清潔にしたいけど、出来ない。それが嫌だ。と気にしていました。

それが、入浴するだけで清潔に保てるのは有難いですよね。

実際に、介護施設やデイサービスでも、利用しているところが多いのも納得ですね。
老化は順番にやってきます。

いざという時に、使えるのは嬉しいですね!

お手入れが簡単

実は、あまり重要視されていないのか、ネットでもあまり情報が出てこなかったのですが、ミラバスも定期的にメンテナンスが必要です。

もちろん、風呂釜用の洗剤で掃除も出来ます。

ですが、吸込み口の中心にあるビスを外して、内部のゴミを取り除く必要があります。
吐出口のノズルを取り外して、内部のゴミを取り除きます。そして、ノズルの背面にあるレンズの孔のつまりを取り除きます。

定期的にメンテナンスを行うにしても、内蔵型だとかがんで行うことになります。
その点、どこでもミラバスなら作業しやすい位置に置き、メンテナンスも出来るので簡単です。

どんな住宅家電でも、メンテナンスは必要です。
毎回のことではないですが、簡単にできるにこしたことは、ないですね(*^^*)

どこでもミラバス ポータブルタイプのデメリット

  1. 電源を確保しないといけない
  2. 本体の置き場所を考える必要がある

 

思いつく、デメリットはこの2点。
もう少し詳しく見ていきましょう。

電源を確保しないといけない

どこでもミラバスは、電源(コンセント)が必要です。
浴室内に、電気コンセントをつけているところは、少ないでしょう。
漏電の恐れがあるからです。

なので、ほとんどの家庭で脱衣所から電源を引く必要があります。
その場合、お風呂の扉が閉まらなくなります。

この点は、考慮する必要がありますね。

※漏電には注意してください。

本体の置き場所を考える必要がある

どこでもミラバスは、外付けタイプ。
そのため、本体を置く場所を作らないといけません。

コンパクトサイズなので、でかくて邪魔になる。というわけではありませんが、安定した場所に置く必要があります。

漏電を防ぐためにも、浴槽の中に落ちない場所が良いですね。
そのため、公式では床置きを推奨しています。

ご自宅のお風呂場で、どこが良いか検討が必要です。
ホースは約1.4mその範囲内で決めましょう。

もちろん、専用台も別売りで販売しています。
でも、あるもので代用して置けるなら、その方が良いですね!

どこでもミラバスは価格は?

こんなに魅力的などこでもミラバス。

メーカー希望小売価格
本体価格:327.800円(税込)します。

結構、良いお値段。
でも、工事費用もかからないため、内蔵型のミラバスよりも安いです。
持ち運びができるので、活用方法も広がります。

正規代理店で購入するのがオススメです。
それは、保障の面で変わってくるから。
何かあった時の為の保証ですから、いざという時にすぐにお問い合わせが可能なところが好ましいです。

どこでもミラバスの製品仕様

本体使用

本体寸法 高さ:約370mm 幅:約280mm

奥行:約160mm(突起部:約190mm)

電源 AC100V DC変換
消費電力 380W
吐出量 ファインバブル動作時:約12L/分

JET:約14L/分

運転時間 15分オートオフ
保護装置 温度保護、ポンプロック、空運転保護、電流制限
電源ケーブル 約1.4m
操作ケーブル 約4.5m
本体重量 約7kg
電源ボックス重量 約1.6kg

ノズル部仕様

吐出ホース長さ 約1.4m
吸込ノズル 2重メッシュフィルター構造
噴流延長ホース長さ 約1.4m

価格:327.800円(税込)

どこでもミラバス ポータブルタイプのまとめ

TV CMでも、おなじみのミラバス。
水と空気でできた超微細の泡が、毛穴の奥までしっかりクレンジングしてくれる住宅家電。

そのミラバスから、持ち運びの出来るポータブルタイプ どこでもミラバスがリニューアル販売されました!

今回のどこでもミラバス ポータブルは、

1.外付けなので、工事の必要がない
2.賃貸住宅でも使える
3.工事のできない古いタイプのお風呂でも使える
4.浴槽に穴を開けないので、劣化も防げる
5.持ち運べるので、引っ越ししても使える
6.ミラバスの最大の特徴、マイクロバブルは十分楽しめる。
7.お手入れも簡単

多くのメリットがあります。

デメリットは、

1.電源を確保しないといけない
2.本体の置き場所を考える必要がある

この、2点です。

持ち運べることで、従来の物より、活用方法も大きく広がるミラバス。

自分で楽しんでも良し!家族で楽しんでも良し!!
何より、帰省などで持っていけば、ご両親にも喜ばれるでしょう。

従来の内蔵型と比べて、リスクが少ないのも特徴ですね。

価格は、327.800円(税込)と、決してポーンと買える金額ではありませんが、一つあれば、便利!なおかつ、気持ちよく清潔になれます。

私としては、祖母が健在のうちに出合いたかったな。と思います。
日々の生活で、体を動かすのがしんどくなっていくなか、バスタイムも、もっとサポートできれば良かったな。と感じています。

ご家族のために、楽しいバスタイムにいかがでしょう?

おすすめの記事