今まで使っていたサイクロン掃除機が壊れたので、楽天市場で探してみました。
掃除機と言えば、何と言ってもダイソンの掃除機のが一番良いと思いますが、価格が高いのと、音が大きいのが気になっていました。

そこで、いろいろと比較して、パナソニックのミニサイクロン掃除機MC-26Jにしました。
今回は、パナソニックのミニサイクロン掃除機MC-26Jに決めた経緯と、実際につかってみた感想をご紹介します。

1.どういう手段でそのサイクロン掃除機を見つけたのか?

私が探した掃除機の条件
  1. 吸引力が強いサイクロン掃除機であること
  2. 掃除機を夜または、朝にかけるため、音が静かであること

サイクロン掃除機で吸引力が強いのは「ダイソン」のイメージがあります。
ですが、同時に音が大きいイメージもありました。
それに何より価格が高いのもネックでした。

そこで、他メーカーはどうなのか?と思い調べました。

私は以前「アイリスオオヤマ」の掃除機を使用していましたが、2回も壊れてしまい、やはり大手メーカーが良いのかな?と思いました。

ただ、実家で大手メーカーの掃除機を使用していましたが、吸引力は強いがフィルターの目詰まりに悩んでいました。
なので、「サイクロン掃除機」「フィルター」「ダストボックス」「洗える物」で調べました。

2.パナソニック掃除機MC-26Jにした「決め手」は?

インターネットで検索しているので、たくさんのサイクロン掃除機がヒットします。
そこで私は自分の生活スタイルに合ったものまで絞り込みました。

1番気に入っているポイントは「エアダストキャッチャー」が付いていることです。
これは、ノズル上部からも吸気・集じんする。
床面のお掃除と同時に床上に浮遊するハウスダストもお掃除するという機能です。

この機能自体を目的とはしてませんでしたが、掃除をする際に、舞い上がる埃(ハウスダスト)に悩んでいました。
マスクしながら掃除機をかけていたくらいです。
床を掃除しながら、空気も綺麗にしてくれる!嬉しい機能ですね。

次に、ありがたいのが「アイドリングオフ」機能です。
私は、掃除機をかけだすと、電源を落とさずに部屋を移動したり、物をどかすなどをするために、掃除機が稼働したままでした。

それが、床用ノズルを約5秒浮かせた状態が続くと自動的に運転が停止し、再度床用ノズルを下ろすと運転します。

いちいち、電源を落とす必要がないので非常に助かっています。

ちなみにアイドリングオフ状態が10分続くと電源が落ちます。
そこまでの放置の経験はありませんが、何かあっても安心です。

元々マメに電源を落とす方や、その機能が逆に煩わしいと感じる方は、アイドリングオフ機能自体を作動しないようにも設定できるので、ぜひご自身に合った使い方をして下さいね♪

3.パナソニックミニサイクロン掃除機MC-26Jこんな感じです

①開封前画像

②開封後画像

③全体画像

④付属品込み

⑤パーツごとの画像

⑥本体接近画像

⑦ダストボックス画像

⑧床用ノズル画像

⑨組み立てた全体画像

4.パナソニック掃除機MC-26Jを実際に使ってみた感想

実際に使用してみて、吸引力は文句なし!

本当に細かい埃や塵までキレイに取れています。
それに、床用ノズルのブラシが強力で絨毯の目の中や、フローリングの溝までキレイに掻き出してくれます。

次に掃除機を使ったときの音ですが、非常に静かです。
もちろん掃除機をかけているので、音は出ますが今までの掃除機時比べても静かだと思います。

そして、ゴミ捨て。
フィルターの目詰まりも今のところないですし、何より分解して洗えるので、汚れても洗えば、清潔に使い続けられます

特に重要視していなかったのですが、ダストボックスの取り外しや、セットが非常に簡単です。
カチッと軽い力で外れ、なおかつキレイにハマります。

今までセットしたつもりでも微妙にズレていて音がいつもと違う!なんて事もあったのですが、それはないので、ストレスフリーで使えますよ。

掃除機本体も非常に軽いので、持ち運びも苦じゃないですし、小回りも利くので掃除がとてもしやすいです。

何よりパナソニック独自機能「エアダストキャッチャー」「アイドリングオフ」機能がとても嬉しいし、使いやすいのでこの掃除機にして良かったと思っています

おすすめの記事